« その大らかさが好きでした、タホのおもひで・・・ | Main | やっぱいいねぇ、ETC! »

May 21, 2005

フレンチな朝食、PAULのパン

今日の朝食は、フランスのブーランジェリー”PAUL”のパン
paul_9
”PAUL”は、ちょっと前に新しくなった
あざみ野駅構内に出来たお店で、
元々はフランスで有名なパン屋さんとの事。
今のところ横浜ではあざみ野店のみ。

お店もなかなか雰囲気があって、
カフェも併設されてます。

なるほど、素材にこだわったパンだけあって、
変なクセの無いおいしい味でした。
今度はサンドイッチ、挑戦してみよ~!

|

« その大らかさが好きでした、タホのおもひで・・・ | Main | やっぱいいねぇ、ETC! »

Comments

PAULは大宮駅にもできました.でも本当にフランスのパン屋さんですか?バケットを売っていませんよ.大宮は「田舎」の街だからですかね.ほかのパン屋さんでもバターやチーズをはじめごてごてしたパンが多く並んでいます.

Posted by: M NO ZANNITIROKU | May 21, 2005 at 07:06 PM

M NO ZANNITIROKUさん、はじめまして!

PAULは全国に14店舗あるみたいですね。
1889年にフランス北部のリールで生まれ、パリ市内に80店舗もある老舗というフレコミのようですが・・・

ちなみにあざみ野店にはバケットもありましたよ^^
店舗によって商品展開を変えてるんですかねぇ。

Posted by: しーたけ | May 21, 2005 at 09:17 PM

みなさん、はじめまして、こんにちは。
PAULのことが話題に上っていたので、つい書き込みしてみました。
PAULはれっきとしたフランスでチェーン展開しているパン屋さんです。
私達家族は昨年10月パリに住んでいまして、近所にありましたので、良く行っていました。
で、バゲットですが、PAULには正式にはバゲットいう商品は存在しておりませんでした。
PAULでバゲットにあたるものはフリュート・アンシャンと言う一見バゲットのようなパンです。
これは大宮店にありました(オットの実家が大宮なので・・・)
パリでバゲットとフリュートの両方を扱っているパン屋さんの場合、フリュートは細めでした。
私はPAULのフリュートが好きでした。
皮はカリ、中はモチ・・・で美味しいと思っていました。
2歳の息子はいつも買ったそばから抱えて食べるのが大好きでした(笑)
是非一度お試しあれ。

日本とフランスでは湿度が違いすぎます。
日本の湿度があまりにも高すぎなので、フランスでのクオリティーを忠実に再現するのは難しいことだと思います。
でも帰任してから食べたPAULもなかなか美味しかったと思いました。
では・・・

Posted by: ラスカル | Jun 12, 2005 at 01:10 AM

ラスカルさん、はじめまして!

ほーほー、やはり本場と日本ではやはり違うものなのですね。
是非本家のPAULのパンも食べて見たいものですね。
大変参考になりました。
ありがとうございます。

今度フリュート、試してみます^^
カリ、モチですね。

Posted by: しーたけ | Jun 12, 2005 at 10:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55526/4216122

Listed below are links to weblogs that reference フレンチな朝食、PAULのパン:

» さくさくフレンチなPAULの「パルミエ」 [おやつ探険隊]
♪おやーつ・たんけんたい・おやつ〓 (作詞・作曲 DORAMI) おやつ情報局で... [Read More]

Tracked on Jul 06, 2005 at 06:43 PM

« その大らかさが好きでした、タホのおもひで・・・ | Main | やっぱいいねぇ、ETC! »